2013年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

その名も『愛妻庫』!!!

おばんです!!!

今日は昨日よりも寒い山形県置賜地方。。。

只今みぞれのような雨が振ったりしておりますが、この雨は夜更け過ぎに雪へと変わるのでしょうか。。笑

そんな本日は、齋藤家の台所歴史に新たな1ページが追加されたのです!

IMG_3565.jpg
ジャン!
これが一体何か皆様お分かりでしょうか??

帰ってきてから写真を撮ったためフラッシュ具合が絶妙なホラーテイストをかもし出しておりますが…

IMG_3564.jpg

ジャジャジャン!!!
正解はその名も『愛妻庫』という冷蔵保存できる米びつさんでしたー!!!

実の所、お恥ずかしながら米農家の齋藤家ですが、今までごくごく一般的な米びつを使用しておりまして、というよりも冷蔵保存できる家庭用の米びつがあるという事もあまり知っておりませんでした。。。

今年から僕もお米作りをさせて頂いておりまして、丹精込めて収穫まで行った新米さんを、なんとか品質を低下させずに、いつもおいしいご飯を食べよう!!!
という訳で、知り合いの方に手配のお願いをしていたのでありました!!!

そもそもお米の品質低下には『高温・湿度・酸化』という3大要素があります。

いくらの口を閉じて保存していたとしても、高温の場所にずっと置いておいたら劣化しますし、冷暗所の場合でも湿度が高かったり、酸化してしまったら劣化してしまいます。。。

それをうまい具合で調節してくれるのがこの『愛妻庫』さんなのです!!!
このネーミングセンス…脱帽です!

ksxtokutyo12-1024x837.jpg

見た目もホワイティーで清潔感もあり、スタイリッシュ過ぎて逆に違和感ありですが、これで明日からの米ライフも充実しそうでワクワクです!!!

是非皆さんもおススメです!
と言いたいところですが…この愛妻庫さん、ネットでお値段を調べてみると5万円前後ほど。。。

そこまでちょっとお金を出せないわーという奥さまや、そんなもん部屋に置けねーよーという一人暮らしの方もいらっしゃるかと思います!
そんな訳で、明日は家庭で簡単にできる『おススメお米保存法』なるものを書かせて頂きたいと思います!

ということで…こうご期待です!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!
スポンサーサイト

おばんです!!!

いやーーーーー今日は寒い山形です!!!

遂に…僕も本日『電気毛布デビュー』しちゃいました!!!笑

これで寝る前の極寒からおさらばできるのですが…朝無事に布団を脱出することができるのか心配でもあります。。。笑

それはさておき、突然ですが皆さん!
茶碗1杯にはごはん粒が何粒あるかご存知でしょうか??

茶碗1杯は平均150グラム。
品種や炊き方によって違いはありますが、その数なんと約3000~3500粒もあるそうなのです!!!
この数字…意外と多いような少ないような。。。

そしてこれは田んぼの稲の約3株分になります。

つまり、ごはん1杯食べることは稲3株を育てることになるのです!!!
これはちょっとびっくりではないでしょうか??


そしてそして!
驚くなかれ福岡県のある方々が、田んぼにどのくらいの生物が生息しているのか調査されたそうでして、その結果によると…(栽培方法や地域の違いにより正確な数字ではないのですが)

田んぼ10アールに、おたまじゃくし23万匹、ミジンコ3395万匹、平家ホタル32匹、タニシ2870匹、トビ虫21万匹、黄とんぼ1150匹、赤とんぼ2110匹…
等々ここまで述べただけでも驚きですよね!

実際お米を作っている僕もこの数は把握しておりませんでした。。。

そして田んぼ10アールには約2万株の稲が植えられているので、単純計算で茶碗3杯のごはん分の9株当たりに1匹の赤とんぼが育つことになります。

IMG_1853.jpg

ここで上の写真をご覧ください。

これは今年の齋藤家の田んぼの中で撮った1枚なのですが…皆さんよく農薬を使ったりすることで田んぼにいる生き物を殺していると思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかしながら、農薬を使用している齋藤家の田んぼでも、こんなにも力強くとんぼさんが田んぼで生まれ、夏は山の上で過ごし、秋になると黄金色の田んぼに戻ってきてくれるのです!!!

何が言いたいのかといいますと…日本の米を食べるということは、日本の田んぼを守るだけでなく、これらの生き物を育てているという事にもなるのです!!!

詳しくはまたの機会に書かせて頂こうと思っているのですが、今僕の住む川西町の田んぼは、10年後には生産者の高齢化が進み、しっかりとした農地として残すことが難しい状況にありあす。
栽培方法などは様々ありますが、どういった形にせよ、『農地を農地として守っていかなければならない』という事は各生産者さんの中で共通認識としてあるかと思います。
それは勿論先に述べたことも要因の一つにあります。
とんぼさんがいなくなるんんて、嫌ですもんね!!!

若干話はそれましたが…
あなたがいつも食べているお米で田んぼの生物は育っている!

そう考えるとごはんの味もまた一段とおいしく感じるのではないでしょうか??

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

日本9000年の蕎麦歴史!!!

おばんです!!!

まず最初に、昨日のブログは夜の10時頃アップしたのですが、TwitterとFacebookとの連動がうまくいってなかったようで…決してサボった訳ではございませんので、是非ご覧下さい!

というよりもご覧頂いた方が今日の内容にすんなりと入っていけると思います。。。

soba_tm.jpg

そんな本日はさっそく、『蕎麦の歴史』について少々書かせて頂きます!笑

まず最初に、『日本にはいつから蕎麦があったのか???』ですが…
ズバリ!

最近の研究ではなんと9300年前の、高知県の地層から『蕎麦花粉』が見つかったそうです!!!

9300年前というと…縄文時代にあたります!

今日蕎麦を召し上がった方もそうでない方も、これは驚きですよね!!!

『そんなに昔から蕎麦をズルズルとすすっていたのか~』と思われた方はちょいとお待ち下さい!

そもそも蕎麦は中国が発祥地だそうで、日本にはそれぞれの地域に中国・朝鮮・シベリアから伝来したのですが…その当時の蕎麦はまだまだ今のような細く長い麺ではではなく、蕎麦の実をそのまま食べたり、蕎麦の形状も太く短い物だったそうです。

しかも中国から挽き臼が伝来するまでの日本には、摺り臼(上下の石で摺り潰すタイプ)や杵で搗く搗き臼しかなく、蕎麦のみを製粉にすることが容易でなかったため、今のように主食として食されていた訳でもなかったのです。

そうして鎌倉時代から始まったそば粉の大量消費は、様々な工夫を経て、戦国時代に至り、ついに今現在の蕎麦「そば切り」に行き着きます!
そば切りとはその名の通り『蕎麦(大きい団子のようなもの)を薄く延ばし、細長く切る』事です!

現在そば切りの日本最古とされているものは、天正二年長野県木曽郡大桑村にある定勝寺に祝いの品で納められたものと言われておりまして、この時現在のスタイルの蕎麦が登場したとされております!

という訳で、私たちが今何気なく食べているお蕎麦の歴史は450年とまだまだ短いものですが、その短い歴史の中でも日本の技術のおかげで今日ではカップ蕎麦や即席蕎麦として、身近な存在に感じることができるのであります!

そしてこれから迎える年末に食べるお蕎麦を『年越しそば』と言いますが、これは江戸時代に生まれたとされる習慣です。

・そばは、切れやすいので一年のいやなことは切り捨てたいと願って年越しに蕎麦を食べた
・金細工師が散らかった金粉を集めるのに、そば粉を使ったので、そばは金を集める縁起物だとい言って年越しに蕎麦を食べた。
・そばは健康に良いという説が流行ったから年越しに蕎麦を食べた。
・ソバという植物は、風で倒れてもすぐ起き上がるので、そのたくましさにあやかったから年越しに蕎麦を食べるようになった。

などといわれは様々ありますが、中でも農家としてはやはり最後のフレーズが気になります!

そもそも蕎麦が栽培されるようになった経緯は奈良時代前期の女帝だった元正天皇が出した詔の中で、『日照り続きで米の収穫が見込めないため、日照りや冷涼な気候にも強く、また栽培する土地もさほど選ばない蕎麦を作りなさい』と栽培が推奨されたことにあります。

つまり当時の米農家にとって蕎麦は、凶作の時も収穫が見込める救世主だったのです!

そんな感謝の気持ちももちながら、今年も無事に年越し蕎麦が食べられたらいいなと思います!!!

因みに齋藤家では、暖かい蕎麦は殆ど食べず、断然もりそば派です!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!


ひっそりとたたずむ…その名も『がんこ』!!!

おばんです!!!

突然ですが皆さん『蕎麦』はお好きですかー!???

僕はだーーーーーーい好きです!!!

という訳で本日は、先日参加しました米食味分析鑑定コンクールの帰りに寄ったとあるお蕎麦屋さんを書かせて頂きます!笑

IMG_3518.jpg

その名も『がんこ』!!!
いかにも頑固そうなお父さんが蕎麦打ちしてそうですよねー!

七ヶ宿の蕎麦街道の近くにあるお蕎麦屋さんなのですが…まずその道のりが険しい!
『こんな所に本当に蕎麦屋があるのかいっ!???』
と疑いたくなるような道を進んでいきますと…
IMG_3514.jpg

立ち込める霧の中に一軒のお蕎麦屋さんが…という訳ではないのですが、無事に到着します!
(いつもお世話になっている先輩農家さんのピースサインがナイスな写真です!!!)

という訳で期待して店内に入り、いざお品書きを拝見…と思いきや!!!

IMG_3515.jpg

なんとこのメニューは『田舎もりそば』一点のみ!!!

流石は店名の通り、その潔さにさらに期待しちゃいます!

そしていよいよ…

IMG_3516.jpg

これが頑固なお父さんが打ったであろう(勝手なイメージ)もりそばです!!!

まずは見た目…もう少し『田舎』の感じがあったらもっと美味しそうなのかなーと。。。

そしてそばつゆ…これはうまいっす!!!
そばつゆには好みの違いが大きく現れるポイントだと思うのですが、このつゆは僕の好みにぴったりでした!

そしていよいよお蕎麦をまずはそのまま頂くと……あれ?
なんだか思っていたよりも柔らかすぎるような。。。

そして茹で上がりのぬめりがまだ残っているような。。。

うーーーーーーーーん今回のお蕎麦さんは星2つでした!!!

因みにお店のおかみさんはかーーーーなり優しい方でしたよ!

ご主人は頑固な方なのかは確認できませんでしたが。。。笑

是非、ご主人のがどんな方なのか皆さんご確認に行かれてみてはいかがでしょうか??

そしてそば蕎麦と言ってばっかりですが、皆様『蕎麦の歴史』をご存知でしょうか??

実はそれも調べてあるのですが、そちらはまた今度という事で!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

レ~ンタ~ネコ! 寂しい人に、ネコ貸します。

おばんです!!!

早速ですが今日はアルバイトが終わってから、コチラの映画を観ました!

IMG_3538.jpg

その名も『レンタネコ』。

映画の内容はというと…
祖母の遺した一軒家で暮らしている主人公の女性。その女性の周りには子供の頃からなぜかネコが集まる。
そんな訳で何匹ものネコと一緒に暮らしている主人公の仕事は、『寂しい人にネコをレンタルすること』
リヤカーにネコを乗せ、多摩川の河川敷を歩く毎日。
そんな河川敷では『愛ネコが死んでしまって寂しんでいるお婆さん』や『娘に嫌われてしまっている単身赴任のネコ好きお父さん』や『一人でレンタカー屋を任され、寂しい一人暮らしをする女性』などとの出会いがある。
皆それぞれ色んな寂しさがある中で、ネコという癒しの存在で、人と人とが繋がっていき、心にぽっかり空いた『穴』がうまっていく。

一見可愛いネコたちのほっこりムービーなのですが、ネコを通してぎくしゃくしていた人間関係が繋がっていく様子や、主人公がなぜレンタネコを行っているかなど、意外と考えさせられる映画だったと思います。

この映画を手に取ったきっかけは勿論僕もネコを飼っているからでして、勿論僕も米ちゃんにいつも癒されています!

IMG_3535.jpg

齋藤家では米ちゃんを外にも出しておりまして、地面に体をすりすりーとこすっている姿なんか見ると、自然と笑顔になります!笑
因みに以前は僕断然『イヌ派』だったのですが、米ちゃんが家にきてからは『ネコ派』になりました!笑

そんな事はさておき、ブログをご覧になられている方でペットを飼っていらっしゃる方はいらっしゃいますでしょうか??

『ペットに癒されるということは人生そのものがハッピーになる』
ペットを飼っている方にはこの気持ちがお分かり頂けるのではないでしょうか??

齋藤家でも米ちゃんが家に来る前は色々ともめたこともりましたが、いざ米ちゃんが来るとみーーーんな可愛くて仕方ないようで、自然と皆で一緒に過ごすことも多くなり、米ちゃんのおかげで以前にも増して家族の関係性が良くなったと思います。

そして農作業中にも米ちゃんと一緒にいるだけでモチベーションもアップします!
単純すぎかもしれませんが、僕にとってすーーーーーばらしいことであります!!!笑

という訳で、『レンタネコ』是非おススメです!!!笑

そして皆さんも愛するペットとハーピーライフをお過ごしください!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

地域のブランド米を目指すには。。。

おばんです!!!

早速ですが本日も、昨日に引き続き米・食味分析鑑定コンクール国際大会に行って参りました!

本日は午後から表彰式などが予定されており、そちらには出席してこなかったのですが…

IMG_3531.jpg

お隣宮城県の宮城大学から宮原さんという教授がいらっしゃいまして、『みやぎ米の地域ブランド化への挑戦』というタイトルの講演が午前中に予定されており、川西町のお米をブランド化しようと頑張っている秋穂の花としては、是非ともお聞きしたという事で、行って参りました!!!

という訳で、秋田新幹線のスーパーこまちの紹介などから講演が始まったのですが…主に先生のお話は様々な活動の紹介ということで、若干期待していた内容とは異なっていたのですが、その中でも興味深い事例の紹介などもあり、大変参考になりました!

そもそもブランド化をするという事は、他にはない何か特別な事を行う事で他を差別化するということなのですが、一般的には近年では多く見られるようになった有機栽培、特別栽培などが挙げられます。

しかし有機栽培米等が多くみられるようになった今の時代では、もはや(有機栽培・特別栽培)+(他にはない付加価値)というニーズが求められる傾向にあるようです。

その第2の付加価値というものが一体なんなのかという事は、沢山あるかと思いますが、今日のお話の中でキーポイントになったのは『地域の環境資源・環境保全』と『人と人、人と農、そして人と食との繋がり』です。

具体的には、栽培法に関してその土地だからできること、その土地にしかないものを利用することや、地域の環境を農業を通していかに守っていくことなどや、農業に興味があるという人が年々増えてきているということから、生産者が経営する宿泊・体験施設や、道の駅内に直売所を設け観光客への販売などなどのご紹介がありました。

今現在、秋穂の花は食味にこだわったお米の生産を第1の目標とし、まずは食味コンクールでの金賞受賞に向け頑張っております!

しかし今回のお話を踏まえて考えると、その後に目指している目標だったり、それ以前の過程や対象とする消費者の方や市場がとても大事な要素になってきます。

これからまた皆で今後について色々と議論を重ね、と同時に川西町の環境・農地をどう守っていくか等について進んでいかなければならないと感じました。

そして、現在僕個人で行っているこのブログや、家福来米については、ある視点では目指す方向性などが真逆のような存在です。

しかしながら、勿論今後も家福来米についての考えや活動は変わりません。

矛盾してるんじゃないの??
それってなんかブレてない??
と思われる方がいらしゃるかと思いますが、川西町の米作りを良いものにしていこうと目指すところは同じと思っています。

ただ今後その過程の中で実際に行う栽培方法の考えや、対象とする消費者の方・市場の考えなどで互いに想いが一致しない状況がくる可能性もあります。

必ずしも皆同じ組織にいなければならないとは思っておりませんので、その時がもしきてしまったとしたら他のカタチを考えなければならないとも思います。

がしかし、それでも皆同じ地域の農家として、地域農業を良きものにしていかなければならないという想いは変わりませんし、地域の中でのそれぞれの存在として、頑張っていければいいのではと思います。

なんだか話が訳分からなくなってしまいすみません。。。
勿論この意見は僕個人のものですので、個人的な批判感情などは一切ありません!!!

何はともあれ、まず来年こそは金賞を目指し、今後の農業に取り組んでいくのであります!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!




目指すは金賞!!!

おばんです!!!

早速ですが、本日はいよいよ…
IMG_3499.jpg

『米・食味分析鑑定コンクール国際大会』に参加して参りました!!!

このコンクールは今年で15回目の開催でして、米・食味鑑定士協会さん主催の元、全国各地の生産者さんと、海外の生産者さんから『自分の米こそが一番おいしい!!!』という選りすぐりのお米が集まり、様々な審査の合計点からその年の金賞米が決まるコンクールなのです!!!

という訳で…
IMG_3500.jpg

僕も今年から加入させて頂きました、川西町のブランド米を作ろうと日々奮闘している『秋穂の花(あきほのか)』のメンバー皆それぞれが、自慢のお米をこのコンクールに出品していたのであります!!!

勿論齋藤家も『家福来米』を出品させて頂いておりましたので、早速会場入りです!!!

IMG_3502.jpg

会場に入るとまず目に入ったのがずらーーーーーーーーーーーっと並んだ出品米!!!
今年はなんと総出品数が3954検体もありまして、すんごい迫力です!

IMG_3504.jpg
そしていよいよ開会式のスタートです!

IMG_3519.jpg
会場ではこのような冊子も販売されておりまして、この冊子にはなんと3954点の出品米全ての審査データが網羅されているのです!!!

こりゃすぐに買わなきゃ!!!
という訳で購入したのですが…後から知ったのですがコチラの冊子は出品者全員に後日発送されるとの事でした。。。

販売してる方も言ってよーーーーー!!!笑
と思いつつも記念だしいいかっという訳で、この辺で結果を申し上げたいのですが。。。

ズバリ!
今回は入賞すらできませんでした!!!

実は3954検体のうちの1・2次審査の結果上位40検体が事前に最終審査にノミネート(入賞)されておりまして、本日はその最終審査が行われる日なのでした!

齋藤家にはその一報がなかったため、来る前からある程度の結果は分かっていたのですが、今回お隣宮城県の七ヶ宿町が会場になったことや、最終審査の様子を見たいという事は勿論、普段中々聞くことの出来ない大先生の方々の講演もあるということで、本日やってきたのでした!

IMG_3509.jpg
因みに会場には勿論齋藤家の『家福来米』も並んでおりまして、必死に探して見つけました!
最終審査にはノミネートされませんでしたが、今回の審査の数値が貼ってあり、確認してみると…

IMG_3508.jpg

IMG_3180.jpg

以前僕が出品前に普及所さんの食味計をお借りして数値を測った時は食味値85点だったのですが…
なんと今回のデータでは『食味値90点』にアップしていたのでした!!!!!

なぜーーーーー????!!!
と疑問に思い前回の結果と比べてみると…なぜか大幅に水分率が下がり、脂肪酸度も低くなっていました!
出品後いつの段階で審査が行われたのか分からないため、何が要因なのかもはっきりと分からないのですが、結果的にスコアが上がったという事は喜ばしい事でした!

がしかーし、こんなにも差があるとやはり機械でおいしさを計測するという事事体少々疑問に思うところもあり、手放しでは喜べないような。。。

そして開会式のあとはすぐに、審査員である食味鑑定士の方々が実際に食べて判断する3次審査が行われました!
IMG_3512.jpg

今回は32名の鑑定士さん達が、味や食感は勿論の事香りや見た目の美しさなどから総合的に判断し、金賞が何点か決まるということでした!!!

きっとこの時ノミネートされた生産者の方々は皆さんドキドキなんだろうなーーーーと思ったのですが…

僕もその気持ち味わいたいなーーーーーと思いました!笑

審査の結果は今夜発表されるようで、その後は大先生の興味深い講演などをお聞きしたり、会場では各農業資材メーカーさんの展示販売ブースなどもありまして、そちらで色々とお話を聞いたりして、本日は終了となりました。

最終的に今回の家福来米のスコアは合計170,4という結果で、初参加にしてはだいぶ良い点数だったと思います!
必ずしもそうとは言えませんが、このような『数値で見えるおいしさ』を実際にブログを通して皆さんにお伝えすることができ、家福来米に込めた『想い』が少しでも皆さんにお分かり頂ける良い機会になったと思っております。

しかしながら、同じ慣行栽培でもまだまだスコアの高いお米が存在することは事実です。
その方達がどのような想いで、どのように米作りを行っておられるのかは分かりませんが、まずは『客観的な、そして目に見えるおいしさ』のカタチとして来年からも『金賞』を1つの目標として頑張っていこうと改めて思う本日でした!

改めまして、皆様今後も『家福来米』を宜しくお願い致します!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

久しぶりの外仕事!!!

おばんです!!!

今日はアルバイト前にじいちゃん大先生と久しぶりに田んぼへ行き、作業を行いました!!!
と、その前に田んぼへ向かう途中ふと空を見ると…

IMG_3481.jpg

バーーーーーーーーンと突如現れた虹!
しかも写真では見切れていますが、なんと始まりから終わりまで見える完璧な虹!

こんな虹を見ることができるのも、やっぱり山形の良い所ですね!!!

IMG_3484.jpg
本日共に作業を行ったのが、コチラの長年齋藤家の農業を支えてくれているトラクターさん!

IMG_3485.jpg

そして新たなる装備を装着していざ出陣です!!!

IMG_3487.jpg
まず向かったのが齋藤家で通称『隅田(すまだ)』と呼んでいる場所のクルミの木の横にある、通称『石置き場』とさせて頂いている場所です!
実はこの場所、農道にあたる場所なので齋藤家の私有地ではないのですが、この場所は農道の終わりの場所でして、長年齋藤家で草刈などの管理をしています。
なのでこのように石を置いたりさせて頂いているのですが…もしお国様からご指摘があればどかさなければなりません!

もし関係者の方がこのブログをご覧になっておられましたら、ご迷惑をかけないように気を付けておりますので、何卒ご理解頂けるよう宜しくお願い致します!

そんなこの場所で何をしたのかと言いますと…
IMG_3489.jpg

はい!
勿論置かせて頂いている石材をトラクターさんに積み込みまして(人力で。。。笑)

IMG_3491.jpg

やってきたのが、齋藤家のとある圃場の進入路。。。
因みに『進入路』とは文字通り米作りにはかかせない農業機械(トラクターや田植え機、コンバイン等)が出入りする部分になります。

この進入路で一体何をするのかと申しますと…
本来進入路は圃場の丁度角に設けることが理想的です。
理由としては何の作業をするにも角が残ってしまうと効率が悪くなってしまうためです。

そして上の写真をご覧下さい。
そうです!
この進入路では先に述べたとおり、角が残ってしまい、春の耕起作業、その後の田植え、そして秋の稲刈りと全ての作業でひと手間余計にかかってしまうのです!

という訳で、本日はこの進入路を『角まで拡張させる』ための前準備を行ったのでした!

IMG_3493.jpg
早速運んできました石材をまたもや人力で下ろし、石材で水路に蓋をするため、余分な部分を削ります。

IMG_3495.jpg
そしてあとはそこに大きさの違う石材をパズルのように組み合わせ、完了です!!!

あとはこの上に土を被せ、鎮圧して終わりとなるのですが、時間の関係もあり本日はここまでです!

途中ではありますが、石材の端と圃場の角が揃ったのがお分かりでしょうか?

これでうまくいけば農業機械が角から出入りすることができ、作業が断然楽になるのであります!!!


という訳で本日は久しぶりに外作業を行ったのですが、おもーーーーーーい石材を運んだこともありますが、やはりくたびれますね!!!笑
日頃から体をある程度動かさなければマズイ。。。

と改めて思う本日でした!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

12人の優しい日本人。

おばんです!!!

だいぶ遅い時間の更新になってしまっておりますが、プライベートで色々ありまして。。。

今日も朝からアルバイトだったのですが、早めに終わったので久しぶりにDVDを借りて観ました!!!

十二人~1

皆様この『十二人の怒れる男』をご存知でしょうか??

父親殺しの罪に問われた少年の裁判で、陪審員達が評決に達するまで一室で議論する様子を描くいた1957年の映画なのですが…

法廷に提出された証拠や証言は被告人である少年に圧倒的に不利なものであり、陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ただ一人、陪審員8番だけが少年の無罪を主張する。彼は他の陪審員たちに、固定観念に囚われずに証拠の疑わしい点を一つ一つ再検証することを要求する。
陪審員8番の熱意と理路整然とした推理によって、当初は少年の有罪を信じきっていた陪審員たちの心にも徐々にある変化が訪れる。

という内容でして、これがまたすんごく面白い映画なのです!!!

そして今日見た映画というのが…
IMG_3479.jpg

なんと『12人の優しい日本人』という作品なのです!!!

皆さんタイトルだけ比べると、よくあるパロディー映画を思い浮かべられるかもしれませんが。。。

ところがどっこい!!!
これがまたすんごく面白い映画だったのです!!!
因みに内容はというと…

ある陪審審理のために、素性も考えも裁判への意気込みも全く異なる、12人の一般市民が陪審員として会議室に集められた。
評決は全員一致が原則である中、最初の決で12人全員が『無罪』に挙手。呆気なく審議終了・解散となりかけたところ、陪審員2号が「話し合いがしたいんです」と言って意見を『有罪』へと翻す。いざ話し合いが始まってみると、意見があやふやな人・やる気の乏しい人・他者に流される人・意固地な人・・・。議論するたび、有罪無罪の決をとるたびに各自の考えは二転三転。
こんな状況で、『良くも悪くも日本人らしい12人』がある男性の死をめぐって事件か事故か、有罪か無罪かで激論を交わす。

当時はまだなかった裁判員制度。これがもし日本にあったなら?
という架空の設定でして、実際の審議の様子は僕も全く分かりませんが、とても『リアル』に感じられます!

『人が人を裁く』ということがすんごく難しいものだと考えさせられます。

と同時に、人の世界ではいったい『何が正解で、何が不正解』なのか?
人の気持ちというものはとても不安定なものなのかなーとつくづく思います。


話が変わりますが、僕が今作っているお米。
これが全ての人に100%良いと思ってもらうことは、残念ながらまず不可能なことだと思います。

だからといってそれをあきらめる訳でもなく、他がどうでもいいという訳でもありません。

ただ、まずはこの存在を沢山の人に知って頂き、家福来米も含めた様々なお米から食べる人が選択することができる。

そういった中で、少しでも多くの人に納得して選んで頂ける。

そんなお米作りを改めて今後も目指していかねばと思いました!!!

12人の優しい日本人。
おススメなので是非機会がありましたらご覧になってみて下さい!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!



休日出勤!!!

おばんです!!!

今朝起きて部屋から出ると、米ちゃん(飼い猫)が寝ていたのですが…

IMG_3477.jpg

猫って本当に丸くなって寝るんですね!!!
と思わんばかりに丸い!
そして、朝日が眩しいのか手で覆っている姿はまさに『癒し』意外のなにものでもないです!!!

今日は久々にお休みだしどうしようかなーと若干ウキウキだったのですが…

IMG_3478.jpg

浅はかでした。。。
実は、今年新庄で受けさせて頂いていた新規就農者支援研修の『研修報告』というものを作成し、提出しなければいけなかったことをすっっっっっっっかり忘れてしまっており…

当然のことながら今までの資料をおっぴろげてコタツに入り、1日中パソコンと格闘しておりました!!!

朝8時過ぎから始めたのに…なんだかんだで終了したのが夕方の5時。。。

結果的には休みは潰れたのですが…チキショーだなんて言いません!

というのも、皆さん年末になると今年1年どんな年だったかなーと振り返ると思います。
しかしながら、今年の出来事を『誰にでもわかるように文章にまとめる』ということまでは流石にしないと思います。

誰にでもわかるようには言い過ぎかもしれませんが、今年1年の米作りを始まりから終わりまでレポートにまとめる作業は自分にとって本当に有意義なことでした!

その際このブログを3月分からずーーーーーーーっと振り返ってみたのですが…なんだか自分の書いた文章をまじまじと見るのは恥ずかしいものですね。。。笑

ですが、ちゃんとそのブログをアップした時の事や作業をしていた時の事を思い出しながらみてみると、今になって改めて思う反省点も多く、来年に向けた改善策の計画もとても立てやすいのです!!!

例えば今年は種子消毒があまりうまくいかなかったので来年は水温を特に気にしてしっかり行うことや、基肥施肥はムラの少ない圃場の回り方の検討、仕上げ代かきの大事さに改めて気づいたり、今年は落水時期が遅かったことや太陽シートによる育苗は、天候や気温に左右されやすいが悪条件の今年でも最終的にはうまくいったことなど、来年も継続すべき事と改善が必要な事との整理が容易なのであります!!!

そして何より、このブログ……もっともっとハイパーな存在にするにはどうすればいいのか。。。
検討が必要です!!!!!

今年もまだあと1ヶ月ちょいありますが、今から今年1年を振り返って文章に残す作業、おススメです!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!


あたりまえの中に。

おばんです!!!

今日はまた一段とお月様がきれいですねー!!!

IMG_3476.jpg

写真では全く分からないのですが、周りは星もキラキラと輝いております。

そして月明かりに雲が照らされて、まるでアラジンの昨中の魔法のじゅうたんで夜空を飛んでいるかのように美しいです!!!

あたりには何もなく静寂の夜空。
なんだかずっと眺めていたくなります。

なんといっても、田舎はやっぱり昼間は空が一段と大きく見え、そして夜には星がきれいに見えるというのが最高です!!!

僕は高校を卒業してから、仙台に住み、その後は東京に住み、神戸に住んでいましたが、都会の空はやっぱり狭くて、夜も星があまり見えません。

都会でしか見ることのできない夜のネオンや圧倒的な建築物なども綺麗で素晴らしいのですが…今年山形に帰ってきて、今まで当たり前に見ていた色んな景色がなんだか綺麗で、当たり前だと思っていたのになんだか特別な物に感じられます。

自然って凄いなーーーーーーーと感動します!!!!!

そう思えるという事は、やっぱり地元を離れ、色んな経験をすることができたからだと思います。

もっと早く、農業という道を歩いていたら今頃はもっと大きな農家になることができていたかもしれません。
そう考えると、遠回りな人生だったかもしれません。

ですが、農業で生きていくという事は、その土地と共にずっと生きていくということ。

それは他の職業と一見変わらないことかもしれませんが、農業は特にその土地の自然があってこそ成り立つものです。

まさに生かされて生きていると実感します。
だからその自然をずっと守っていかなければなりません。

そんな自然に素直に感動することができる。
当たり前の事をシンプルに好きと思える。

それってこれから農業で生きていく僕にとってすごーーーーーーくプラスなことだと思います!!!

この気持ちを忘れることなく、今後も精進して参ります!!!

皆さんは、自分の生まれた土地が大好きですか??

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

紅葉と紅葉。。。

おばんです!!!

なんだか最近ブログ更新時間が日に日に遅くなってきているような気がしますね。。。

良い子は早寝早起き!!!

早起きは三文の徳とも言いますので…もっと早くせねばと思います!!!

という訳で、突然ですが山形の秋は紅葉が本当に綺麗なんです!!!

IMG_3460.jpg

IMG_3457.jpg

IMG_3459.jpg

写真は齋藤家の家の周りの木々なのですが、十分紅葉を楽しむことができます!

紅葉を観ると、日本に生まれてよかったなーーーーとつくづく思います!!!

中でも紅葉といえばやはり『紅葉(もみじ)』ですよね!

そんなもみじですが…
IMG_3461.jpg

皆さん『カエデ』と『もみじ』の違いをご存知でしょうか???

そう言われると…なにかなーーー??
と僕も思ってしまいます。。。笑

という訳で早速調べてみますと…
なんと!!!

植物学上はもみじもカエデも明確な違いはなく、両方『カエデ』と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物なんだそうです!
驚くことにもみじという科や属はないんだそうです!!!

とはいっても、園芸上や盆栽の世界では葉の切れこみ数、切れこみ具合によって明確に区別しているんだそうで、 葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものを『もみじ』と呼び、それ以外の切れ込みが3つのものなどをカエデと呼ぶそうです!

因みにカエデの語源はというと…まさに『カエルの手』に似ていることからきています!

もみじの語源はというと…揉(も)んで染め出す紅色『もみ』からきているそうで、動詞『もみづ』は紅葉することなんだそうです!

いやーーーーまだまだこの世は知らないことばかりの世界です!笑

今年の紅葉シーズンはまだまだ全国的には見頃のようですので、これから紅葉を観に行かれる方は、切れ目の数なんかに注目してみてはいかがでしょうか??

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!


初心わすれるべからず!!!

おばんです!!!

いやーーーーーーー寒いっ!!!

部屋の中にいても凍てつく寒さで、キーボードを打つ指もかじかんでいる僕です!(それは冷え性笑)

部屋の外はと言いますと…まるで映画『ミスト』のようにあたり一面霧の世界が広がっております。

因みにミストをご覧頂いた方はいらっしゃるでしょうか??

あの作品は…あんまりオススメはしませんのであしからず!!!笑


そんな今日も一日アルバイトだったのですが…

今年の農業も無事に終わりまして、来年からはどうしようか!??
と色々考えてはいるのですが、米作り1年目ということで、まだまだ学ぶべきことが山ほどあります!!!
そんな訳で…
IMG_3465.jpg

はい!!!
実はこの本彼女から前に頂いていたのですが、なんだかんだでちゃんと読破しておりませんでして、この機械に改めて最初から最後までしっかりと読み直そうと思ったのでした!!!

そしていざ来年も、今年の反省点を改善することは勿論のこと、気持ち新たに初心を忘れずに米作りを行っていきたいと思います!!!

そうやって年々積み重ねていくことで、いつの日かきっと、すーーーーーーーんごいお米を作ることができるようになるんだと思います!
いえ、なってみせます!!!

という訳で、これからのオフシーズンはこの本と共に、毎回とはいきませんがお米について色々な観点からブログを書いていこうと思います!

そんな本日はといいますと…
皆さんお米にはどんな『栄養価』があるかご存じでしょうか??

最近はあまり見かけなくなりましたが以前はよくお米の栄養価を紹介するCMなども見受けられましたが、実際の所CMの内容というのはすごく興味のある内容でない限り細かくは覚えていないと思います。

そんな訳でここでバッチリと書かせて頂きますので、皆さん是非覚えて下さい!笑

まずなんといっても、脳や体のエネルギー源になる『炭水化物』!

そして、血や血液、細胞をつくる『タンパク質』!

それから、こちらも体のエネルギー源の『脂質』!

お次は、体の調子を整える『ビタミンB₁・B₂』!

さらに、歯や骨を丈夫にする『カルシウム』!

そんでもって、老廃物の排出に必要不可欠な『食物繊維』!

それと、細胞の形成をする『亜鉛』!

あとは、骨の構成成分である『マグネシウム』!

さいごに、酸素を全身に運んでくれる『鉄』!

以上です!
皆さん覚えましたか!??笑

そんなにすぐに覚えられませんよね!!笑

しかーーーーーし!!!
改めて考えてみると、お米にこんなにも栄養価があったのは驚きではないでしょうか!??

まさにお米さんはスーパーハイパーな食べ物なんです!!!

と、若干暑っ苦しい感じになってしまっていますが…それくらいお米の凄さをお伝えしたかったのです!笑

ここまで読んで頂いた方は、きっと次にお米を食べる時は上の栄養価を2、3個意識しながらお食べになるのではないでしょうか??

きっと、若干でもいつもと違ってお米が見えるのではないでしょうか??

それだけでもきっとお米がすこーーーーしでもおいしく感じられるのだと思います!

という訳で、皆さん是非『ごはん』を食べて明日も元気な一日をお過ごしください!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

先人の知恵!

おばんです!!!

今日はサッカー日本代表の国際強化試合ですね!

対オランダ戦ですね!

皆さんご覧になっていますか??

僕は観ていますよーーーー!!!

サッカーなどのスポーツの分野において、日本の存在は昔に比べてとても大きくなってきてると思います。

どんな形であれ注目されるということは、なんらかの形でうまれることやうまれるものというものがあると思います。

全然関係ないかもしれませんが、日本農業においても良い影響があれば良いなと思う次第であります!!!


そんな本日はといいますと、朝からじいちゃん大先生が忙しいご様子…

IMG_3455.jpg

畑から白菜を収穫してきたようですが…それにしてもちょっと量が多くないかい???

齋藤家では野菜を出荷している訳でもないので、すべて自家用なのですが。。。

IMG_3454.jpg

そして今度は青菜(せいさい)を山のように収穫してきました!!!

『おーーーーーいじいちゃん収穫に精を出すのは凄いんだけど、そんなに一度に食べられないって!』

と若干焦り気味で声をかけると…

『ばーーーーがおめぇ、みな漬けんなだごでぇ!!!』

と言われたのですが…皆さんお分かりでしょうか??
要約しますと、これらの野菜たちを塩漬けにすることで、冬の保存食として頂くのであります!!!

なーーーーーーーるほど!!!

そもそも四季のある日本では冬になると、お米もそうですが野菜なども殆どつくることができなくなります。
それに加え豪雪地帯である山形の置賜地方では、これから一面真っ白な銀世界になります。

今でこそビニールハウスという画期的な温室が存在するため、今日の私たちは冬場でも夏場とあまり変わらずにスーパーで野菜を買う事ができる訳ですが…

ましてや冷蔵庫も冷凍庫も何も無い時代は、皆さん冬場は食に苦労していたことが想像されます!

そんなこんなで、じいちゃん世代では当たり前の冬支度の風景ですが、都会の方では中々お目にかかれないのではと思います。

ということでこれらの野菜たちをこれから漬物にしていく訳ですが…
そもそも皆さんは漬物というものがいつから存在するかご存知でしょうか??

そんな事をいう僕も知りませんでしたので…いつものごとく調べてみますと…

なんと日本では『大和朝廷の時代』から漬物となるものが存在していたようです!!!

大和朝廷と言われてもピンと来ない方も多いかと思いますが…およそ1500年ほど昔には漬物が存在していたとされているのです!!!

そんなに古い歴史があることには驚きですよね!!!!!

といっても当時は『漬物』という言葉は勿論そんな概念も存在しておらず、単純に保存方法として野菜を塩に漬ける事が行われていたようです。
またこの頃の漬物は一般庶民が食べるものではなく、貴族や僧侶が食べる保存食とされていました。

そして平安時代になるとようやく庶民の間でも漬物が食べられるようになった訳であります!

所で皆さんは、漬物の事を『香の物』とか『お新香』と呼ぶことがあるのではないでしょうか??

なぜにそう呼ぶのかと申しますと…
時は室町時代。
このころ巷では、香木を燃やし、その香りをかいで香木の名前を当てる『聞香(もんこう)』という高尚な遊びが大ブームとなっておりました。

しかしながら実は、聞香に使う香木は驚くほど種類が多く、しかも、その個々の香りの違いはといえば、素人にとっては無いも同然。その道で修業した人でなければ、香木の名前をかぎ当てることなど不可能といえるほど、超難関の遊びなのでした!

それだけに、聞香の席に参加する人でも、一度に何種類もの香木をかげば、当然ながら敏感な鼻も、香木の香り自体に慣れ過ぎてマヒしてしまうのです。。。

そこに登場したのが漬物さんだったのです!!!
といっても当時は味噌漬けの大根だったらしいのですが、この香りをかぐことで鼻を一旦リセットしていたようです!

ワインの試飲の際には、パンを間に食べて舌を新鮮にする…というのと同じ発想らしいのですが、僕はワインの試飲をしたことがないので何とも言えませんが…

どうやらこれらの事が関係して『漬物=香の物』となったようです!!!

因みに『お新香』はその名の通り、一夜漬けや浅漬けをそれまでの漬物と差別化するため、江戸時代に生まれた言葉なのですが、それらが時代と共に混ざり合って今日では両方とも漬物として呼ばれているのです。

ここまでが漬物歴史になりますが…意外と奥がふかーーーーーいですよね!!!

皆さんも次に漬物を食べる際は、歴史も一緒に感じて食べてみてはいかがでしょうか??

そして忘れちゃいけないのが、齋藤家の漬物歴史!
齋藤家の跡継ぎとして、代々伝わる齋藤家の漬け方もしっかりと習得して、後世に伝承していかねば!
と思う一日でした。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

『ホワイトベース』さんを家福来ファームは応援しています!!!

おばんです!!!

昨日はブログをお休みしましてすみませんでした!

という訳で今日は元気にいきまーーーーす!!!

ここで突然ですが、ブログをご覧になっている方でバイクに乗っていらっしゃる、もしくは今バイクの免許を取っているというような方はいらっしゃいますでしょうか??

そんな方には是非見て頂きたい!!!
そして、バイクには特に興味はないけど…という方には是非お勧めしたい!!!

そんな方(厳密にはお店さん)がおりますので、本日は少々書かせて頂きたいと思います!

その名も『ホワイトベース』という、GOObikeなどのネットを中心としたバイク屋さん(実店舗でも勿論販売されています)なのです!!!
ホワイトベースさんはYouTubeのチャンネルを開設されていまして、バイクの紹介動画などは勿論のこと、様々な動画を公開しておりまして、因みに下の動画はホワイトベースさんの自己紹介動画ですので、是非ご覧ください!


このホワイトベースさん。
たーーーーーーーーだのバイク屋さんではないのです!!!

実は僕、特にバイクが熱狂的に好きな訳でもなく、勿論バイク免許も持っていなければ、バイクを所有している訳でもありません。
ただ、ガンダムは大好きです!!!笑

そんな僕ですが、今ではホワイトベースさんに夢中なのです!!!笑

それはなぜに??と申しますと…

そもそもホワイトベースさんを知ったきっかけは、是非ともホワイトベースさんからバイクを買いたいという友達がいまして、その友達に毎度遊びに行くたびに延々と動画を観せられたことが出会いでした!笑

勿論当時の僕はバイクに全くというほど興味がなかったので、初めはどちらかというと一歩引いた形で観ていました。

しかし色んな動画を見ていく中で、バイクに関係のないことですがすごーーーーーーく共感できる内容であったり、なーーーーーーーるほどと凄く参考になるお話であったり、何時しか引き込まれていました!

僕は農家という全く違う立場なのですが、今農業をしていて思う事や、これから先やっていきたいと思う方向性など、勝手な自分の解釈ですが、何か共通する部分というか、ある意味では僕もホワイトベースさんのような存在の農家になりたいと思う所があるのです!!!

それが具体的に何なのかというと、ちょっと言葉で100%皆さんにお伝えすることができないのですが、まさに今僕が行っているブログ。
今年から始めさせて頂いた訳なのですが、最近つくづく『言葉で表現する』ということの難しさを痛感しております。

なので来年から動画を取り入れたブログなどをやっていければなと丁度思っていたところでして、その点ではホワイトベースさんの動画はとても参考になるというか、こんな動画をやってみたいと思っています!

それは勿論、ホワイトベースさんでもおっしゃっているように、業界全体を盛り上げたい、その業界(農業分野においても)がもっと楽しいものになってほしい、そして僕も更に農業を楽しいものにしたいと、思うからです!!!

そのためにはまずは僕の存在を多くの方に知っていただくことが必要になります。

そして知って頂くために、また知って頂くだけでなく、僕という一農家に興味を持って頂くためにはどうしたらいいのか??

僕のこのブログに興味をもって頂きたい。

なおかつ、僕のブログがその人にとっての楽しみになってくれたら嬉しいと思っています。

そして、それがきっかけになって必ずしも家福来米だけではなく、お米が好きになってくれたり、今まで以上にお米の存在が盛り上がればすーーーーーごく良い事なのではないかなと思うんです。


と、いう訳で今年の農業もお蔭様で無事にほぼほぼ完了しまして、これからのこのブログの内容は、必ずしもほとんどが農業に直結するような事柄ではなくなってしまうと思います。

しかしながら、今年このブログを見て頂いている方、そしてこれからブログを見て頂けることになるかも知れない方にとって、今までと変わらずみて頂けるような、そんなブログを目指して頑張って参りますので、繰り返しにはなりますが、改めまして今後とも宜しくお願いします!!!!!

最後になりますが、ホワイトベースさんに興味の涌いた方は是非、YouTubeで『ホワイトベース 艦内放送 深夜放送』と検索してみて下さい!

夢中になっちゃいますよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!


ほっかいどうはでっかいどう!!!

おばんです!!!

先程やっとこさ帰ってきました山形へ!!!

いやーーーーーーーーやっぱり山形は何もないですね!!!笑

改めて思うとなんだか少し寂しさもありますが…いーーーややっぱりこれがいいんです!!!

好きです。山形。

という訳で恒例の本日のハイライトいきます!

IMG_3445.jpg
まーずはコチラ!

突然ですが皆さん『ガラナ』という飲み物をご存知でしょうか??

僕も先輩に聞くまで知らなかったのですが、これ実は北海道限定の飲料なんです!!!

全国規模のキリン製品なのになぜに北海道限定かという訳で、早速調べてみますと…

・コーラが日本で爆発的に普及することを恐れた飲料水メーカーがガラナを開発
・案の定コーラが大ヒット
・日本中のガラナが消える
・しかし北海道はコーラの普及が遅かった(他の都道府県と比べて3年ほど)
・その3年の間に、北海道民にガラナが定着した
・コーラが普及した今でも、北海道だけはガラナが生き残っている
(ネット参照)

ということらしいのです!!!
なんだか不思議な歴史のあるこのガラナですが、味はコーラともまた違い、エナジードリンク系の味がします。
意外と僕は好きです!笑
皆さんも是非北海道へ行かれた際は飲んでみて下さい!

IMG_3439.jpg
そして、実はこの写真は昨夜撮ったものなのですが、今回泊ったホテルの朝食がなんと北海道のJA(農協)さんとのコラボ朝食だったということで、以前ご紹介しましたふらのっち(JA富良野のポテチ)といい、北海道のJAさんは頑張っているなーーーーーと感心しまして、楽しみにしておりました朝食を!!!
…しかーーーーし実は今朝寝坊してしまい、大事な部分を体験できなかったという失態。。。

IMG_3446.jpg
ちきしょー!!!
と思いながらも気持ちを切り替えてホテルをあとにしました!
心配していた雪も殆どなく、快調にスタートです!
まずは皆でテレビ塔の前を通りまして、向かった先は北海道大学!!!
目的は勿論『ボーイズビーアンビシャス』のフレーズで有名な『クラーク博士』の銅像を観る事です!!!

IMG_3449.jpg
期待に胸を膨らませていざ大学敷地内に入りますと、まぁ綺麗なこと!
これがいわゆるキャンパスライフかぁーーーーと若干羨ましさを覚えつつ、いよいよ博士とご対面です!

IMG_3448.jpg

ジャン!!!
こちらがあの有名なクラーク博士像です!!!

……えっ???
と今皆さん思いましたよね!??

僕も皆さんと同じ気持ちになりました。。。
だって頭の中で期待してたのは…
Hitsujigaoka_boys_be.jpg
これだったんですからーーーーーー!!!笑

実は後から知ったのですがほんまもんのコチラはさっぽろ羊ヶ丘展望台という全く別の所に存在するとの事で…
僕が観たいがために来たため…完全にやっちまったのでありました。。。

皆さん、本当にすみませんでした!!!

青年部の方々に謝りながらその後は札幌駅周辺でお買い物をしたり、写真を撮るのを忘れてしまったのですが南千歳駅のそばにありますアウトレットモールに行ったりもしまして、後は新千歳空港でお土産を買って、いよいよ仙台に向けて出発したのでありました!

がしかーーーーし!
IMG_3450.jpg
この写真が何を意味するか皆様お分かりでしょうか??

実は帰りの飛行機は少人数用のプロペラ機でして…しかも満席…機内も若干狭く、プロペラ機はやはり音も振動も大きいため、わがままは言えませんが最後の最後に若干苦い思い出でした。。笑

という訳で、その後無事に仙台空港から帰ってきまして今に至るのですが…正直なんだか夢を見ていたような感覚です!笑

ともあれ今回初めて行った北海道でしたが…
やっぱり『ほっかいどうはでっかいどう!!!』というのが率直な感想です!
今回は広大な自然風景の広がるような所に行かなかったこともありますが、1回行っただけではまだまだ分かりませんね!
なので、今度は彼女と一緒に連泊で行けたらいいなーと思う次第であります!!!

そして明日は朝からアルバイトへ。。。
色々思ってしまう所もありますが、僕も北海道のようにでっかい男になれるよう頑張りますーーーーー!!!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

北海道初上陸です!!!

おばんです!


早速ですが、今日は農協青年部の旅行で朝から仙台空港へ向かいました!


ちゃっかりエキストラコールドビールを頂きまして、いざ飛び立ちました!!笑



そして、やって来ました北海道へ!!!
実は僕、北海道には来たことがなく、内心かなりウキウキで早速観光へと繰り出しました!

しっかしながら…やっぱ寒いですねー!!!
積雪は殆どなく良かったのですが、なんだか山形の寒さとはまた違った寒さを感じました!



そしてまずは腹ごしらえ!
北海道と言えば海鮮!
というわけで、皆でガッツリ頂きました海鮮丼を!!!笑

いやーーーー北海道で食べる海鮮丼がマズイわきゃないです!!!

お腹も満たされ、続いて向ったのが…

まずは旧北海道庁!!!
赤レンガが雰囲気抜群です!!!

そしてお次は…

来ました時計台!!!
これがまたビル街に突如出現することに驚きました!

それからそれから…

時計台から歩いてすぐのテレビ塔へと!

ここの展望台からの映像がよくテレビに出るのですが…すみません今回はあえて登りませんでした!

そして極めつけは…


札幌といえばのすすき野に来まして飲んで飲んで飲みまくり!!!

今日ばかりは日頃の事を忘れて遊んじゃいました!笑

そんな北海道1日目だったのですが…どうやら明日は雪が凄いようで、あんまり積もらない事を祈るばかりです!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

ふ~ゆ~がは~じ~まるよっ🎵!??

おばんです!!!

今日はまた一段と寒い山形です!!!

そんな本日も朝から1日アルバイトだったのですが、休憩時に外に出てみると…

IMG_3413.jpg
写真ではかなり分かりづらいですが…

『ゆっ、雪が降っとるやないかーーーーーーい!!!!!』

と、髭男爵風のツッコミがさく裂するほど驚いた次第でございます。。。

こんなに早かったっけ雪が降るのは!??
と思ったのですが、じいちゃん大先生曰く10年ほど前はもう少し早く降ったそうです!笑

いきなり積もらないでくださいよーーーーと祈りながら、バイトが終わって外に出てみると…

IMG_3414.jpg

『意外と残っとるやないかーーーーーーい!!!!!』

と、またもやツッコみたくなりました!笑

そして残念ながら僕の車はまだスタットレスを履いておりませんでして…

果たしてこの後無事に帰れたのか!???
こうご期待!!!

的な不安もありましたが、道路の雪は消えており、なんとか無事に帰還しました!

明日からは一段と気温が下がるようで、ここへきて本格的に冬シーズンに突入の模様です!

山形、そして僕の住む置賜盆地の冬は…中々過酷です!!!
そんな冬がはじまりますが、趣味のスノーボードができる楽しみな冬でもあります!

皆さんもそれぞれ冬の過ごし方があるかと思います。

なにかと冬は大変な季節ですが、日本に四季があるということはとても僕は幸せなことだと思います。
という訳で皆さん折角なら冬を思いっきり楽しんじゃいましょう!!!

実は僕、明日からとあるところへ行くためこれから準備するのですが…
そこは日本で今一番冬に限りなく近い『あの場所』なのです!

こうご期待です!!!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

そば!そば!!そば!!!

おばんです!!!

本日は午後からアルバイトへ…とその前に!

IMG_3411.jpg
川西町の玉庭地区にあります『おもいで館(旧置賜高校玉庭分校)』へと行って参りました!!!

IMG_3405.jpg
このおもいで館、校舎や体育館は勿論の事、グラウンドなどまでそのまま保存されており、交流施設としてしっかり管理運営されています!

そのため内部はすごーくノスタルジーな雰囲気でイイ感じです!!!

IMG_3406.jpg
IMG_3408.jpg
IMG_3409.jpg

という訳で目的の体育館へ!!!

その訳と言いますのが…

satokura_165_img1.jpg

今年も『そば祭り』の時期がやって参りまして、実はここで使われる蕎麦の実を齋藤家の圃場でも栽培していたのです!!!

こりゃもう食うしかない!!!!
という訳で本日やってきたのでありました!!!

IMG_3410.jpg

早速頂いてみると……若干硬めに茹でてありましたが、うまーーーーーーーい!!!!!

お米もそうですが、やっぱり自分で作った物を食べるという事はすんごく感動しますね!!!

その勢いで4枚も食べちゃいました!!!笑い

最後にそば湯も美味しく頂きまして、もう大満足でした!

そもそも山形県にはラーメン屋さんについでそば屋さんも多いんです!

皆さんもおそば食べたくなりましたよね!??笑

是非、皆さん山形にそばを食べにお越し下さい!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!
続きを読む

神様もお餅は好きなのだろうか??

おばんです!!!

突然ですが…
IMG_3391.jpg
はいっ!!!
コチラの機械が何か皆様ご存知でしょうか??

正解は…
IMG_3392.jpg
この年季の入った『とある保温器』の中にあります…

IMG_3393.jpg
ジャン!!!

『THE おもち』です!!!

本日齋藤家では今年の初物の『お餅』が食卓に並びました!!!
今年も一生懸命に栽培しました『ヒメノモチ』さんから作ったお餅はそりゃもうおいしそうですぐにでも食べちゃくなります!!!
という訳で早速いただきま……

とその前に!!!
齋藤家では初物を頂く前に『ある事』を行います!

IMG_3394.jpg
なにやらじいちゃん大先生がお餅を小さく切り分けまして…
IMG_3395.jpg
すぐさまそれにばあちゃんがお手製のあんこを素早くかける見事なコンビネーションで完成です!!!

そうです!
皆様のお家でも行っておられるかと思いますが、齋藤家ではその年の初物、中でもお米に関してはある種儀式のようにしっかりと神様へお供えするのであります!!!

IMG_3400.jpg
IMG_3399.jpg
IMG_3402.jpg
という訳で、しっかりお供えして、しっかりと手を合わせまして、今年も無事に収穫できたことに感謝の気持ちと、今後の齋藤家の農業も繁栄しますようにとしっかり祈りまして、不謹慎かもしれませんがその後しっかりとお願いをしまして、写真を撮らせて頂きました!

そもそもなぜにお米やお餅をお供えするのだろう??
と疑問に思い調べてみたところ…

日本人は稲作の伝来以降、春に田を耕し、秋に収穫を得る生活を社会の基盤とし、米には稲魂が宿ると考え、米と深い関わりを持って生活をしてきました。
そのため飯や、餅、酒などの米から作られる食物は神饌(神様にお供えする物のこと)の中心として頻出し「お神酒のあがらぬ神はなし」と言われるまでメジャーな存在となったのです。
自分で育てた野菜や果物などの「初物」をお供えする事は、本来の「御馳走」の意味にも通じるとされています。

因みに、特定の形式を有する儀式ではないため、穀物ですら形式は統一されていないようで、米以外の穀物を神饌として奉げる地域も存在し、沖縄の伊良部島では稲作に適さない石灰質の土壌のため、粟などの穀物から作られた「ンマダリ」と呼ばれる神酒や餅が奉げられているそうです。
また、静岡県磐田市の府八幡宮や岡山県岡山市の吉備津神社などでも粟や黍を神饌として奉げる風習があります。これらは土壌や水源などの要素の他に、稲作の定着以前の食文化を残しているとして、民俗学的に貴重な事例とする説もあります。米は「粢(しとぎ)」と呼ばれる粉末状に加工され、発酵させては酒になり、熱を加えては餅になり、唐から油を用いた調理法が入って以降は「餢飳(ぶと)」や「糫餅(まがりもち)」となり、アイヌにも「シト」という餅として伝わり、様々な御物、食物へと発展したそうです。(ネット参照)

そんな訳で一通りの儀式が終わりまして初めて自分の口で頂けるのであります!
IMG_3403.jpg
あまりに並々に盛ってしまい、ちょっと絵面的にあまり良いものではないかもしれませんが、何と言ってもこの『お雑煮餅』が僕の大好物でして、これだけあれば他に何もいらないと思えるほどです!!!笑

今年就農して、色々あるなかでも無事に収穫できた喜びと、来年も同じように食べることの出来るよう、そしてもっともっと美味しいお餅を食べることの出来るよう、様々な気持ちを一緒に噛みしめながら食べるお餅は、格別でした!

農家に生まれてよかったなーと思う瞬間でもあります!

そして来年は、是非とも機械まかせだけでなく、自分でついたお餅も食べてみたい!!!
そのためにうすときねを買おうかとリアルに思うひと時でした!笑

皆さんも、明日はお餅でもいかがですか??

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

いざ、小松の地名とは???

おばんです!!!

今日は農協青年部の検討会の後、実はお隣米沢市さんのカラオケに行って参りまして、飲み放題の末に只今帰って参りました所です。。。笑

そんな訳で、早速昨日の続きになりますが、僕が住む川西町の『 小松 』という地名について調べてみました!!!

しかし…どうも『コレだー!!!』という説が見つからないままだったのですが、その中でも一つインターネットの文章を引用させて頂きます。
因みにこれは石川県の『小松市』の由来なのですが…

 小松市の「小松」という名称の由来について、「平安時代中頃に花山法皇がこの地を巡幸された時、館を建てて周囲に松を植えられた」という伝承(小松原伝説)にもとづく説がある。
 しかし、これは大変な間違いである。この話は、大阪東淀川区小松の例にもあるが、菅原道真の漢詩集(菅家文草)を種に江戸時代になって創作された俗説である。
 花山法皇は、実際には近畿地方からほとんど出られたことはなく、ましてや伝説のように東国・関東一円をはじめ北陸の地を巡られたことは一度もなかった。花山法皇伝説の多くは、公家の花山院家のお墨付きを得て全国を巡った、三十三度行者によって流布されたものである。
 地名「小松」の由来は、むしろこの地に平安末期の仁安二年(一一六七)から戦国時代の天正年間初めまで存在した、平重盛(小松内大臣)建立の名刹「小松寺」にちなむとする説が、歴史的に正しい。往年の小松寺を継承する寺院が現在小松市東町にある「小松山佛徳院法界寺」であると、寺伝に記載されている。
 重盛は「小松殿」と称され、仏道にことのほか深く帰依し、諸国で数多くの寺院を建立ないし再興したという。それを証明するように、重盛の「小松寺」あるいは「重盛公所縁の寺」として、今日もなお各地に存在している。越前国の知行国主であった重盛は、安元二年(一一七六)に白山山頂の奥之院と別山に本地仏として銅造十一面観音菩薩像を寄進安置している。
 加賀国小松寺の文献上の初見は、『南禅寺慈聖院文書』(『加越史料』鎌倉Ⅱ)にある「徳治三年(一三〇八)五月二日付文書」で、「小松上総房圓勝」とあるのがそれである。現在も福山市鞆の浦にある重盛公所縁の小松寺が「小松」と呼称されたように、加賀国小松寺も名刹ゆえに、単に「小松」とも言われた。江戸初期に刊行された『明智軍記』には、明らかに「小松」を「小松寺」と記載されている。
 しかし、後に『明智軍記』のこの箇所を参照した『越登加三州志』では寺の字を故意に削除し記載している。
 仏教寺院は、所在地の通称(地名)を山号にすることはあっても、そのまま寺号にすることはほとんどない。小松寺が存在し、そこから「小松」の地名が派生したのは明白で、自然な成り行きである。
 一向一揆の時代は「小松寺城」として、一向一揆勢の城砦であった「小松寺」は、天正年間の初めに信長軍団の猛攻により壊滅し、灰塵に帰した。
まもなく平城として再建されたのが「小松城」であり、その城下が後に城下町の「小松町」となったのである。今日の稚松校下一帯は小松寺の寺領であって、堀川や土塁、塀垣などに囲われた寺内町のようであったと推定できる。
 江戸時代を通じてここを拝領した前田家の都合で、他の一向一揆の遺跡と共に、「小松寺」の名称と存在そのものが正式の歴史記録から抹消されたのである。同時期に消滅した「本折城」は再建されることがなく歴史に埋もれてしまったが、地名として残った。同時代に、大聖寺も小松の場合と似た経緯で寺号が城下町の名称になったのであるが、大聖寺の方は結果的に地名から寺という字がとれなかった。江戸時代の元禄初年に「今後は大正持と書くように」という通達があえて出されていたが、いつの間にか以前の大聖寺にもどってしまった。
 隠居して小松に城を構えた従三位中納言前田利常が、自らを「小松黄門」と称していたのは、重盛が「小松内府」と称されていたことを強く意識していて、自分自身も同じ「従二位小松内府」になることを望んで他日を期していた、と考えられなくはない。徳川家康は従二位内府であった。
 江戸時代までの人々は「小松」と聞くと、平家の小松内大臣重盛やその嫡男の小松三位平維盛のことを想起するのが普通であった。また、「しほらしき名や小松ふく萩すすき」と、小松家と深い絆のあった平家郎党の一人、平宗清を先祖とする芭蕉翁が、『おくの細道』の途上、小松の地で詠じたのは、当時すでに城下町の名称になっていたこの「小松」に、平氏の小松家の人々、重盛・維盛・六代などを想い、悲哀とか無常といったさまざまな情趣を強く感じたからではないだろうか。

という訳で…恐らく平家に関係があることから『小松』という地名になったのかと思われるのですが…いかんせんはっきりした事を述べることができず申し訳ありません!

とりあえずは…川西町の小松の平家様にご縁があったということで。。。

明日からは平家様を意識して生活してみようと思います!!!笑


そんなこんなで…すみませんが今日は寝落ちそうなのでこの辺で失礼させて頂きます!
訳分からん内容ですみませんでした!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

自分の住む地名の由来をご存知ですか??

おばんです!!!

実は本日色々ありまして彼女の実家に来ておりまして、只今彼女の部屋からお送りしております!

という訳で今回はそんな彼女の実家があります長井市の白兎(しろうさぎ)地区について少々書かせていただきます!

そもそも白兎という地名、日本では他に鳥取の白兎(はくと)という地区と2つしかないのです!!!

まずそこがビックリですよね!

余談ですが、実はもう一つの白兎(はくと)にも去年兵庫に住んでいた頃の夏休みに彼女と行っておりました!笑
つまりすでに日本の白兎を制覇していたんです!!!笑


IMG_0665.jpg
本題に戻りまして、長井の白兎地区にある駅にはなんと兎様の像がございます!!!

なーーーーぜーーー???!!

と申しますと諸説あるのですが、白兎という地名の由来…

それは『 1393年に僧恵法律師が砂金の薬師如来を見つけ、白狐と白兎の導きで西山に登り、葉山神社を建てて祀ったため白兎という地名が生まれた 』と言われています。

そのためこの地区では白兎を神の使いとして大切に扱われているのです!!!

当然由来に出ました『 葉山神社 』は狛犬ならぬ狛兎だったり。。。
葉山神社は桜の名所にもなっておりますので、是非気になった方は来年の春にご自分の目でお確かめ下さい!笑

IMG_1451.jpg

因みに写真は5月頃に撮った葉山です!

そんな訳で皆さんも自分の生れた場所の地名や今自分が住んでいる場所の地名などなどの『 由来 』を調べてみてはいかがでしょうか??

地名の由来を知ることで、昨日までとはまた違う新鮮な気持ちになれたり、同じ場所でも見え方が違ったりして、面白いと思います!

と言っている僕がですが…実は自分の地区の地名の由来を知りません。。。

まずは僕が1番に調べねばでした!!!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

FRESH PUSH BREAKIN' !!!

おばんです!!!

早速ですが本日は農業を離れまして、ちょっとブレイクタイム。。。

という訳でまずはコチラの動画をご覧下さい!




ご覧いただけましたでしょうか??

この方々は『 HIFANA(ハイファナ) 』という僕の大好きなブレイクビーツユニットさんです!

はてブレイクビーツとはなんぞや??
と思われる方もいらっしゃるかと思います。。。
実の所僕も完璧に理解している訳ではないので、間違っていたらすみませんが…
皆さん『DJ』と言われる方がどんな方かはイメージがつきますよね?
パソコンとターンテーブルなどの機材を駆使して曲をつなげたりアレンジしたりする様子思い浮かべるかと思います。

すごーーーーーく簡単に申しますとHIFANAさんはライブ時にそれらを全て自分たちの手でリアルタイムに構築していく方々なのです!!!

かなりサラーーーっと言ってしまいましたが、これはとんでもなく凄いことで、世界的にみてもかなり珍しい方々なのです!!!

その為日本国内だけでなく海外での評価も高く、様々なアーティストの方とコラボレーションをしたり精力的に活動されています!

このHIFANAさん、なぜに僕が好きかと言いますと…そもそもこの方達は様々な国の民族楽器などを多く使用した演奏なども多いのですがとりわけ『日本』という国のイメージや文化を使った作品が多いことです!
しかも、それをとてもスタイリッシュに最新の文化などとミックスさせた独自のスタイルはまさに唯一無二の存在なのです!!!

なんだか熱くなってしまいましたが、僕も就農するにあたり、昔からの農業文化を大切にし、良い所は残しつつ新しい農業文化(例えば機械や作業方法、はたまた考え方まで)と融合させて自分にしかない『農業のカタチ』をつくりあげていきたいと考えていました!

HIFANAさんはそんな僕に、ピッタリなアーティストさんなのです!!!
と自分で勝手に思っているだけなのですが、僕もHIFANAさんのようにビッグな農家になることの出来るよう、ガンガン曲を聴きながら農作業に精を出したいと思います!!!

という訳で最後に、2年前に『これであなたもHIFANAになれちゃう!』というiPhoneアプリ『Fresh Push Play (フレッシュ プッシュ プレイ)』が登場しまして、僕もダウンロードしたのですがこれまた凄いアプリでして…というよりもそのアプリのプロモーション動画がもの凄いので、是非コチラもご覧下さい!



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

齋藤家自慢の巨壁!

おばんです!!!

今日は日中アルバイトに行きまして、その後夜は農協青年部の主張大会の検討会へ参加しまして、先程帰って参りました。。。

という訳で最近あまり家の様子、というよりもじいちゃん大先生の冬支度作業の様子を勉強できていないのですが…そんな事を思っていると本日すでに例の『アレ』が完成していたのであります!!!

IMG_3372.jpg
家の裏に向かうと…早速巨大な壁が出現!!!

IMG_3373.jpg
その裏に回ってみると、高さ4~5mの巨壁がずらーーーーーっと家の裏を取り囲んでいるではありませんか!!

IMG_3342.jpg
因みにこれがこの間お手伝いしした時の様子でして、この後1枚1枚板を取り付けて完成したのであります!

そんなこの巨壁がなんなのかと言いますと……
実はこれ冬の吹雪から齋藤家を守ってくれる風除け&家版雪囲いなのであります!!!

というのも、僕の住む地域では西風が非常に強く、そのため西側にあたる家の裏にはずっと昔から防風林が植えられています。
しかしながら冬になると一層と西風は強くなり、さらにその風に雪が加わり、ダブルパーーーンチをくらってしまうのです!

当然そのままでは齋藤家はノックダウンしてしまいます。。。
そこで登場するのがこの巨壁さん!
言わばこの巨壁さんが齋藤家をガードしてくれる『盾』になってくれるのです!!!

どのようにガードしてくれるかは、冬になってからのお楽しみという事で!

そんなこの巨壁さんですが…とてもありがたーい壁なのですが、建てるのがとてもたいへーんなのであります。

nets13.png
皆さんは写真のようなものをご覧になったことがありますでしょうか??

この防雪ネットもいわば齋藤家の巨壁さんと同じような役割を果たすのです。
このような方法を齋藤家も取り入れることができれば、1枚1枚板を結ぶこともなく、作業的には楽になるのではと思います。。。
がしかし、僕が生まれる前からずーーーっと行ってきた方法を変えることはいかがなものか?
と思う所や、何より齋藤家の巨壁さん…美しいですよね!!!!!

この美しさがなんとも言えず、できれば残したい気持ちにもなります。。。

先日のブログにも書きましたが、今のところはまず齋藤家代々の方法を習得し、じいちゃん大先生がいなくとも一人で巨壁さんを建てることのできるようになりたいと思っています!!!
色々と悩む前にまずは今できる事をやってみる。
決めるのはそれからでも遅くはないと思います。

農作業でも同じ事が言えますが、『従来行ってきた事をこれからも行うべきか??』
と思う時、無理に改革する必要性はないと考えていますが、色んな要素を踏まえて『今よりも良い方法』を常に意識して、色々な作業に取り組むべし!!!

そんな風に考える本日でした!


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

定義さんをレポートです!!!

おばんです!!!

昨夜の興奮が冷めやらぬ本日ですが、朝からアルバイトへ!!!

一応今年の米作りは一段落しましたので、これからはいわばオフシーズンになります。。。
オフシーズンはさてどうするのか!??

はい!
僕はこれから週に5日程アルバイトへ…という訳でほぼ出稼ぎ状態となるのであります!

そのためこれからのブログは若干農業とは離れてしまう内容が多くなるかと思います。
しかしながら、作業を終えて改めて思う事や、来年に向けた準備なども様々考えていかなければなりませんので、今後もブログは勿論継続していきます!!!

ですので、改めましてこれからも是非このブログを宜しくお願い致します!!!

という訳で昨日仙台から帰ってくる途中…
IMG_3350.jpg
仙台市青葉区大倉にあります定義さんへ観光に行って参りました!!!

まずはこちらの定義如来西方寺へ向かいました!
こちらのお寺は平重盛公(内大臣、小松殿)の重臣であります平貞能公の従臣の後裔早坂源兵衛が、宝永3年(1706)に自ら出家し「観蓮社良念」と称し開創されました。

若干僕は歴史が苦手でして残念ながら十分に理解できていないのですが…兎に角これからも良いお米を沢山収穫できるようしっかりとお願いしてきました!!!

IMG_3352.jpg
IMG_3351.jpg
IMG_3353.jpg
お寺の周囲には綺麗な紅葉が広がっており、立派な鯉がいたり、立派な五重の塔がそびえ立っておりました!

因みに余談ですが…皆さんはこの五重の塔が何階建てかご存じでしょうか??

五重の塔の内部は吹き抜けになっているため、ズバリ正解は…『五層一階建て』なのであります!!!

でもたまに二階部分(外から見て)に手摺があったり窓があったり登れるような作りに見えるものもあるかと思いますが…実はあれは実用的なものではなく、外観美としての装飾物のようなものなのであります!!!

という訳で話戻りまして、お次はいよいよ…
IMG_3364.jpg
定義山へ来たらマストな場所であります『定義とうふ店』へやって参りました!!!

IMG_3365.jpg
コチラたーだのとうふ店ではございません!
という事でこの日もずらーりと行列が!!!
因みにこの日はなんと『秘密のケンミンショー』の取材陣の方々もいらっしゃっておりました!
そんな皆さん何に並んでいるのかといいますと…

IMG_3366.jpg
ジャジャーーーーん!!!
僕もしっかり並びましてゲットしました『三角あぶらあげ』を!!!
このあぶらあげが定義名物でして、仙台市の居酒屋さんなどではメニューに載っていたりもします!

IMG_3367.jpg
従業員さん達がどわーーーーっと揚げてくれた揚げたてにお醤油と七味をかけて早速頂いてみると…

表面はサックサク!!!
中はふんわり!!!
うまーーーーーいです!!!

大きさも手のひらサイズでボリューム満点!!!
なのにお値段120円という安さ!
こりゃもう並んじゃいます!!!笑

そんな訳で心もお腹も満たされて家路に着いたのですが、こーーーーーんな名物を自分で作ることが出来たらすーーーーごくいいなと思いました!!!

それは難しいとしても、このような成功例から自分に活かせるような点を見つけて、これからの自分の販売方法や考えに是非参考にしていきたいと思いました!

まずは皆さん、お近くに観光に行かれた際は是非こちらの三角あぶらあげがおススメです!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

これこそ感動です!!!

おばんです!!!

実は僕、未だ興奮冷めやらぬ状況で今パソコンの前にいるのですが…
皆さんも先程まである事に釘づけだったのではないでしょうか??!

そうです!!!

我らが東北楽天イーグルスが日本一になりましたーーーーー!!!!!!!

実は僕、野球少年でもなくむしろバスケットに夢中になっていたのですが、それでも弟が野球をしていたため、子供の頃はよく両親に連れられて東京ドームに松井を観にいったり、西武球場に松坂やイチローを観に行ったりしておりました。

しかし大きくなるにつれ野球の存在は小さくなっていっていたのですが、9年前東北に楽天という球団ができてからは、理由もなく楽天だけは応援していました。
それはやっぱり同じ『東北』という繋がりがあったから。

IMG_3368.jpg

そう思ったのはきっと僕だけではなかったのではないでしょうか??

今日の最終戦は、今までプロ野球の試合を全く観ることのなかった母が、ユニホームを着てまで必死に応援。
そして勿論父と僕も一緒になって茶の間で最後の最後まで応援していました。

きっと、東北に住む方々は今夜皆同じ気持ちでいたのではないでしょうか??

もはやそこに今まで野球が好きだったかとか、ずっと前から楽天を応援していただとか、そんな事は抜きに皆一つになっていたんだと思います。

星野監督が優勝インタビューでもおっしゃっていましたが、震災から2年半が経った今でも、明日への希望が中々持てづに不安な夜を過ごされている方々が沢山いらっしゃいます。

そんな方々の気持ちを日本一になって少しでも癒してあげたい。
そうおっしゃっていた監督のお名前は『仙一』
その名の通り仙台で一番を獲ってくれました。

きっとこんな喜ばしい出来事の裏でさえも正反対の意見をもった方々や、ある意味での批判的な意見も今の世の中存在してしまうかと思いますが、今夜は誰がなんと言おうと東北が日本で1番勇気づけられ、感動させて頂き、最高の瞬間を迎える事ができたのではないかと思います!!!

僕は宮城県のお隣山形県民ですが、今夜は東北に生まれた事を誇りに思います。

いやーーーーーーー本当に良かったですね!!!!!

全く比べる対照が違うのかもしれませんが、農家もまた、人を感動させることのできる職業だと思います。

自分が丹精込めてつくりあげた作物を実際に食べて頂き、おいしかったと思って頂ける、おいしいものが食べられるということは幸せであり、はまさに感動です。

僕がこれからも農業を行っていくうえで、一人でも多くの方にそう思って頂けるよう、今夜の感動を忘れることなく今後の農作業に取り組んでいきたいと、改めて思います。

兎に角東北の皆さん、今日は本当におめでとうございましたーーーーーー!!!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

久しぶりの仙台へ!!!

おはようございます!!!

すみません寝落ちしてしまっておりました(>_<)。。。

只今仙台に住む兄のアパートで両親と川の字になりながら、お送りしております!

というのも昨日は、今年の農作業も無事に終わり、仙台に住む兄と弟と共に家族皆で呑みにでも行こうじゃないか!!
という訳で、僕も休みを取り仙台に来たのでありました!!!




早速仙台市の国分町にあります『銀兵衛』さんといういつもお世話になっている居酒屋さんに予約を取りまして、お酒を飲んだ訳ですが‥皆楽天の試合をかなーり気にしながら食事をしました!!!笑

残念ながら楽天は昨夜負けてしまったのですが‥‥今日決めましょう!!!

こうやって飲みに出かけると、いつも話さないような、家族の事や仕事、彼女の事など、酔った勢いもあり沢山話す事ができます。

僕の3つ上の兄は、某アパレルブランドで店長をしておりまして、分野は違いますが『ビジネス』としての農業を考えるにあたって、様々な経験から色々なアドバイスをいつも頂いています。
また、兄は昔から自分の目標を常に有言実行してきております。
そんな兄を本当に尊敬しておりますし、僕ももっともっと頑張らねばと気合を入れ直す事ができます!

そして1つ下の弟は、以前オーストラリアに語学留学をしに行っておりまして、今はその経験を活かし、ちょっぴり変わった仕事をしているのですが、海外に行った事のない僕としては、いつもワールドワイドに考えられる弟から得られる事も多くあります。

勿論両親とは実家にいるので色々話はしているのですが、改めて思うこと。

当たり前にこうやって酒を飲んで、家族で話ができるって本当に幸せな事だなーーーと。

これからも毎年こんな風にいられるように、僕も齋藤家の農業をしっかりと受け継いでいかねばなーーと思いますし、僕も早く結婚して幸せな家族を築いていきたいなーと思いました!!!

皆さんも、今日の楽天の試合を家族皆で応援しながら、幸せな家族の時間を是非お過ごし下さい☆

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

早くも冬支度開始!??

おばんです!!!

早速ですが昨夜夜行バスに乗って大阪梅田を出発!

そして午前8時に東京到着!!!

からのすぐさま山形新幹線に飛び乗りいざ米沢へ!!!

久々に夜行バスに乗ったのですが、値段はかーなり安いものの…やっぱり狭いですねー。。。

東京まであと少しの所でちょっぴり悔やまれました笑

そんな事を思いながら新幹線に揺られる事2時間…

IMG_3338.jpg
トンネルを抜けると…そこは銀世界ならぬ紅の世界でした。。。

写真だとかなり分かりづらいですが、福島と山形の県境の山々はすでに鮮やかに色づいていました!

改めて見ると…紅葉はやっぱり秋を感じますねー!!!
そして、日本に四季があることに幸せを改めて感じました!!!

そんな哀愁に浸っているとあっという間に米沢に到着!

うーーーーんやっぱり地元は落ち着きます。

父ちゃん師匠にお迎えに来て頂き、家路へと向かいました。

そして無事に齋藤家に到着!!!

ひやーーーー長旅で疲れたなー!!!
と一休みしようかと思いましたが…本日は午後からアルバイト!
すぐさま今度はバイトの仕度をしていると、何やら家の裏で作業する音が聞こえてきまして、見に行くと…

IMG_3341.jpg

うぉーーーーーーーじいちゃん大先生が一生懸命作業しておるではありませんか!!!?

そんなじいちゃん大先生の一言が…
『いーーーーや聖人に実家忘れらっちゃど思ったー!』
若干訛っていますが皆様ご理解いただけたでしょうか??

という訳で、この後僕がじいちゃんのアシスタントに変貌したことは言う間でもありません。。。

まだ完成していないため全貌は見えておりませんが、これからの時期は本格的に雪への備えの準備が始まります!!!

それにしてもじいちゃん大先生は今年で82歳になります。
それでも一人でえっさほいさと作業をこなしているのが凄いのなんのって!!!

将来はそんなパワフルじいちゃんのように僕もなりたい!!!
と尊敬しています。
と同時に、そう遠くないいつの日か、今度は僕がえっさほいさと冬支度を一人で行えるようにならねば!!!

齋藤家の農業を受け継いでいくことは勿論のこと、このような冬支度などの齋藤家の歴史すべてをしょっていくことのできる、そんな男になっていかねばと思う、そんな秋の空でした。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。