スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ヒメノモチさん刈取り終了です!!!

おばんです!!!

『スーツ農家』の齋藤聖人です!

さて本日は…
IMG_3816.jpg

昨日雨にやられてしまい中断しておりました『THE リベンジ稲刈り』を行いました!!!

家福来ファームで現在刈取りを行っている品種は「ヒメノモチ」というもち米さんです!

そのヒメノモチさんの刈取りが…

IMG_3814.jpg
IMG_3813.jpg

無事に今年も完了したのでありますーパチパチパチパチ!!!!!
あぁー早くお餅が食べたくなりますねー!!!

そして、この刈取り終わった後の田んぼもまた美しいんです!!!

子供の頃はよくここで近所の皆と遊んだなー。。。
自分の子供も大きくなったらここでいっぱい走り回ってほしいなー。。。

やっぱり田んぼっていいですね!!!

ちなみに家福来ファームではヒメノモチ以外に「はえぬき」、「コシヒカリ」、「ひとめぼれ」、「つや姫」の合計5品種のお米を栽培しております!

という訳で早速お次の品種の刈取りへレッツGO!!!
といきたいのですが…

IMG_3811.jpg

お米を乾燥機さんに入れるとすぐにコンバインさんのいたる所を開け始める父ちゃん師匠!!!

あれ!??
もしかしてどこか調子悪くなっちゃったんですか!??

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これから行われるのが…

IMG_3805.jpg

IMG_3804.jpg

写真の「エアーコンプレッサー」を用いての「THE 清掃」なのです!!!

えっ?? なぜにっ!??

実は今まで刈取りを行っていたのが「もち米」でして、これから始まる4品種は「うるち米」といわれる品種になります。

このもち米とうるち米は、全く異なる性質のお米なのです!!!
どこがどう違うのかはまたの機会に書かせて頂くとしまして、普通に考えてまず出荷時に異なる品種のお米が混ざってしまうということは、あってはならないことなのです!

ましてやもち米とうるち米が混ざるということは特に気を付けなければなりません!

皆さんもお分かりの通り、もち米とうるち米は食べた時にまず違いますよね??

食べて分からなければ大丈夫という訳では決してないのですが、兎に角異なる品種の刈取りを行う前にはコンバインさんの内部の掃除口を全て開けて、しっかりと掃除をして残留米のないようにしておかなければならないのです。

という訳で…

IMG_3812.jpg

早速ベテランの父ちゃん師匠がビューーーーーーっとコンバインさんの内部に風を当てながら掃除を行います!!!

この清掃は見た目以上に大変な作業でして、目に見えない部分にも残留米が結構残っていることも多く、一度綺麗にした箇所も後々になってまた溜まってしまったりしてしまいます。

なので、非常に時間がかかってしまいます!

かれこれ1時間以上はこの掃除の時間になっていましたが、これをしっかりと行わないと生産者の自分も後で大変になる可能性がありますし、何よりそのお米を食べてくれる人に残念な思いをさせてしまうことになってしまいます。

なので!
ここは時間をかけてしっかりじっくりと行います!!!

そしてようやく掃除も完了!!!

それではいよいよお次の田んぼへいざ!

と行きたい気持ちはあるのですが…

IMG_3770.jpg

実はその前にもう一つ『とっっっっても大事な作業』があるのでした!!!!!

この作業は、もしかしたらお米作りの中で1番大変な作業かもしれません。。。笑
でも!
これが完了すればいよいよ出荷となる本当に大事な作業なのです!!!

気になるその様子は、また明日書かせて頂きます!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook・Twitterでもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!

『家福来ファームチャンネル』 https://www.youtube.com/channel/UCtrlo-W6GbViuOlTFRu1z2w

お問い合わせ先
齋藤聖人(さいとうきよと)
メールアドレス kaburamai@gmail.com
Facebookアカウント 齋藤聖人
Twitterアカウント @popotan0911

※お手数ですがFacebookやTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。