スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

田植え第2話 『田植えは曲がるよ!』

おばんです!!!

本日も引き続き田植えなのですが、今日行う圃場(田んぼ)は中郡というちょっと離れた場所にあるため、田植え機で自走して参ります!!!
IMG_1410.jpg
今日はスーツに麦わらスタイルで行います!!!

ところで、田植えはどうやって真っ直ぐ植えるのかちょっとご説明させていただきますと…
IMG_1405.jpg
はい!この『マーカー』という歯車がキーアイテムになります!
始めに田んぼの端っこ(くろ際と言います)を植える際にこのマーカーをセットしまして…
IMG_1409.jpg
若干異なりますが写真のようにマーカーと共に走ります!
IMG_1404.jpg
すると、お分かりでしょうか?
次に植える目印となるラインが田んぼに出現するのです!
これに写真のように田植え機の先端の棒を合わせてびゃーーーーっと植えていきます!
ですが!!!
田んぼの中は微妙に凸凹しており、兎に角気を抜くと一瞬で曲がってしまいます。

ですので…一瞬たりとも気を抜けません!!!
半端なく目が痛くなります!笑

僕もまだまだ慣れず、だーーいぶ曲がってしまったりしてしまいまして、そんな時は次に行く時に修正しなければなりません。
そんな時は曲がった目印は無視して直観で進むのです!
まさに『フォースを感じるのじゃ』とマスター(父)は言わんばかりなのですが、まだまだ難しいです。。。

兎に角考えるよりも感じるべしです!!!
そんなこんなで明日も頑張りますー!!!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook等でもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!
スポンサーサイト
5:平行

初めまして
マーカ ですか...
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/691/47/N000/000/003/137372081641813209220.gif

     は もう 考察済でしょう。 類比な問題ですが;

=== 今朝 下の 紫枠の 円と放物線の交点(二次曲線同士故 2*2 が 絡む)に 遭遇しました==;

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/691/47/N000/000/003/137381286088613119778.gif

(1) 緑線=放物線 の 距離 1 の c=平行曲線=青線 を 先ず 必ず 求め て 下さい。

  (想定の範囲内か 存じません が 2次でも 4次でもない 

■もっと 高次の代数曲線です■ ので やりがい が 在る筈 故)

c;____________________________________________________________________________=0

      青線c に 中心が在る半径1の円族を 描写しました

(包絡している曲線を求めたいでしょう 禁欲なさらず そうぞ!)

その 幾つかの 円を 選び 緑線=放物線 との 交点(接点)を求めて下さい。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/020/691/47/N000/000/003/137381286088613119778.gif

<------- 他にも 問題を提起しましたので 全部解いて下さい.

追加問題; 尖閣の尖点がのっている 代数曲線を 求め

     さらに その 双対曲線を多様な発想で求めて下さい。

「円も放物線も 丁寧に指導したので わからぬ点は もうないだろう と

 おっしゃる  中高の指導者」 で しょうが 

例えば 放物線 の 本当に直ぐ傍に 平行曲線と云う 身近だが

未だ 高次故 解析されたことのない 中高の指導者 が 存在するでしょう。

教室で ■両手を広げ 話題に出せば■ 

http://www.youtube.com/watch?v=77UGvY58_1s

なる 素晴らしい 状況に なります ; 

「誰が 生徒か 先生 か」

---- 誰もが こんな高次曲線の具現に 初体験で 感激するでしょう ----

   此処を訪れられる中高の先生で 体験済の方は

   是非  素早く 高次曲線を 提示願います。

(その双対化は急かせません)

2013.07.15 17:51 ★ #kvDv2TXo URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。