スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

家福来米粉チーズケーキはいかがですか?

おばんです!!!

『スーツ農家』の齋藤聖人です!

今日もどんより雲が覆いつくしていた川西町。
風もほとんどなく、すごく蒸し暑かったです。
もう少しできっと梅雨明け…今年は本当に雨が少なく、稲さん達も喉がカラカラのように感じます。
僕も喉がカラカラに…そんな時は是非、CaféUN!ONで冷たいアイスコーヒーを!!!

更に、水出しのおいしいアイスコーヒーと共に…

IMG_0525.jpg

自家製米粉のチーズケーキはいかがでしょうか??

自家製米粉ということで、勿論「家福来米」を自分たちで米粉にしてみました!
製粉機を持っていないので、流石にスーパーで売っているようなパウダーまではいきませんでしたが、チーズケーキにすると案外ザラッと感は気にならず、おいしいと言って頂いております!

そして、写真のように飾り付けてお出ししてるのですが、これがまた好評でして、写真を撮って喜んで下さる方が沢山いらっしゃり、とても嬉しいです!!!

IMG_9937.jpg

僕がカフェを始めたら絶対にやろうと思っていた「おにぎりセット」もお喜び頂いており、自分が作ったお米を自分で握って、目の前で食べて下さる方がいて、そして美味しかったと言って頂けるということは、本当に嬉しい瞬間です。

「もっと色んな形で家福来米を食べてもらえたら嬉しい」と、お嫁さんが考えてくれて始めたチーズケーキ。
数か月前にはまさか自分の作ったお米をこういうカタチで提供できるとは全く思っていなかっただけに、作る側として本当に楽しいですし、これまた食べて下さった方が美味しいと言って下さり、「やってよかったなー!」と凄く思います。

農産物を作る農家目線だと、中々こうした発想がすぐに出てこない場合が多いかと思います。
そんな中で、お嫁さんのようにお米作りを客観的に観ることが出来る人がいることで、可能性がすごーーーーく広がると実感しています!

勿論お米をそのままごはんとして沢山食べて頂けることは凄く嬉しいことですが、米粉にすることで食べる形態が一気に増えますし、もしかした今後は「食べる」という事だけに限らず、違った視点で全く別の事を発信することができるかもしれません!

なんにせよ、「お米」は日本人にとってとても身近な存在ですが、ある意味ではとても遠い存在にも感じます。

だからこそ、色んな形でお米に触れる機会があっていいと思いますし、色んな形でお米を楽しむことも必要なんだと思います!

是非、皆さんも何かご提案がございましたら、ご連絡くださいませ!!!

そして、できれば是非UN!ONに遊びにきてもらい、色んな事についてお話しましょう!
楽しみにお待ちしております!

そんな訳で、いよいよ明日は「本番」です!
一体何の本番なのか?

一所懸命に走って参ります!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!!
それでは次回つづく!です!

※このブログは齋藤聖人の名前でFacebook・Twitterでもアップしています。
お読み頂いた方でシェアしていただければとてもありがたいです!
是非宜しくお願い致します!
………………………

『 家福来ファームホームページ&オンラインショップ 』  http://kaburamai.jp/
………………………
bookcafe UN!ON(ユニオン)
※UN!ONでは、スーツ農家齋藤聖人&お嫁さんで、愛情込めてコーヒーをお出ししております。
更に!家福来米を使用した『おにぎりセット』も限定数ご提供しております!
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください☆

山形県東置賜郡川西町上小松1037-1
フレンドリープラザ1階
【通常営業】
毎週 金曜・土曜
10:00~20:00(Lo19:30)
プラザイベント時 臨時営業
10:00~プラザ営業時間に準じる

………………………
ファーマーズ5Facebookページ
お問い合わせ先
farmers5.komatu@gmail.com

※お手数ですがFacebookやTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。
お問い合わせ先
齋藤聖人(さいとうきよと)
メールアドレス kaburamai@gmail.com
Facebookアカウント 齋藤聖人
Twitterアカウント @popotan0911

※お手数ですがFacebookやTwitter、またブログからご連絡頂ける方は一度メッセージやコメントでのご連絡を頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。